糖尿病は病院を受診して正しい治療をすすめていこう

ファミリー

血糖コントロールの方法

頭を抱える女性

多尿・口渇などにご注意

糖尿病は生活習慣病の1つとされ、いつ誰がなってもおかしくない病気の一つです。ではそもそも糖尿病とはどのような病気なのでしょうか。その原因と治療法として有効的な血糖コントロールについてご紹介します。 日本人糖尿病患者の95%は「2型糖尿病」であり、原因は何かしらの理由により血糖を下げる働きのある唯一のホルモンであるインスリンの分泌が正常に行えなくなることです。要因として挙げられるのは過食・肥満・メタボ・運動不足・ストレス・加齢などで、それ故に「生活習慣病」とされているのです。 自覚症状は多尿・口渇・多飲・疲労感・体重減少などが挙げられます。インスリンの働きの低下により有効的に使われなかった糖は体外へ排出される際に水分を必要とするために尿の量が増え、更にその結果として脱水症状が起こり喉が渇き水分を大量に摂取します。また糖をエネルギーとして使用出来ないためタンパク質や脂質を代用するようになるため体重が減少し、疲れやすくなるのです。

食事療法と運動療法

糖尿病になった場合、治療として最も一般的なのが「血糖コントロール」です。食事療法や運動療法により体内の血糖値を正常化する方法です。 食事療法は食べるものや食べ方を見直す治療です。栄養のバランスを考えた食事を摂ることや食べる順番を見直すことにより血糖値を下げていきます。運動療法は運動することでエネルギーとして糖を使用することを利用した治療法で、特に全身をフル活用する有酸素運動が効果的です。また時間は食後30分〜1時間後がベストで1日30分程度行うと良いです。ウォーキングやジョギング、水泳など個人に合った方法で毎日続けることが大切です。 この2つの方法を徹底的に行うことにより血糖値が正常の範囲内に戻る可能性があります。しかし糖尿病は完治しないので油断は禁物です。医者などの専門家の指導のもとに治療を続けていくことが重要です。

困難に立ち向かうために

ドクター

糖尿病の治療に有効な手段が食事療法です。食べないのではなく、コントロールして食べるという点に注意が必要となります。改善に重要なのは、療法を継続させるということです。継続には大きな努力が必要なので、いつでも相談できる医師がいると安心です。セカンドオピニオンを利用するのも一つの方法です。

詳細へ

食事療法と運動療法が基本

女性

糖尿病、そのうちでも生活習慣病であるといわれている2型糖尿病の治療の基本はカロリーを制限してバランスよく食べる食事療法と運動療法です。これらによってインスリン抵抗性を解消し、血糖値の改善をはかります。糖尿病は完治することはなく、いかにつきあっていくかが大事な病気です。

詳細へ

食事療法での工夫と特徴

看護師

糖尿病の治療には食事制限が不可欠ですが、そのままやるとストレスがとても溜まるので、ストレス解消法をセットにして考えると長続きしやすいです。糖尿病はインスリンが作られなくなることにより体内の血糖値が下がらなくなる病気です。

詳細へ