糖尿病は病院を受診して正しい治療をすすめていこう

看護師

食事療法での工夫と特徴

看護師

糖尿病になってしまうと、治療として食事制限による治療が必要不可欠になります。しかしながら、この食事療法による治療は制限があって好きなものが食べられなくなるので、ストレスがものすごく溜まりやすいです。そこで、治療を長く続けるためには工夫が必要になります。それにはどうしても食事ではストレスを感じてしまうので、ストレスを解消することをセットで考えると長続きしやすいです。例えば、糖尿病の治療では運動による治療も提示されることも多いので、食事と自由な散歩を一つのセットとして考えます。つまり、食事によってたまったストレスを自由に散歩することによって解消するという考え方です。ストレス解消は散歩でなくても、自分が好きな趣味でも構いません。

糖尿病は何らかの原因によってインスリンという物質が作られなくなり、尿の中の血糖値が通常よりも高くなってしまう病気です。糖尿病には1型と2型があり、ほとんどの糖尿病の患者は2型糖尿病です。2型糖尿病は肥満や運動不足、加症などやストレスなどで発症するため、生活習慣病の一つとされます。体内に血糖が高いままで残ると、体内に様々な悪影響を及ぼします。色々な合併症を引き起こしてしまうのが糖尿病の大きな特徴であり、恐ろしい所です。例えば、細い血管に悪影響を及ぼすと糖尿病性網膜症といって網膜の血管が障害されることによって目がかすんだり視力が落ちたりして最悪の場合失明してしまったり、腎臓の機能にも悪影響を及ぼしたりします。